アップスのスタッフであった上さんが、

この2018年春より晴れてアップスを卒業し、就職となりました!!

下記は、卒業後に新生活の報告をしに来てくれた上さんが
アップスに通った半年間を振り返って書いて頂けたブログです。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

どうも、上さんです。

ブログを書いたのは、「アップスの体験記を終えて」というテーマで書いたぶりでしょうか。
あれから約半年経ち、

実は、なんとわたくし、

障害者雇用で新たな職場に今年度から働くことになりました(パチパチパチ)。

万歳

今日は仕事が休みだったので、アップスに遊びに来ております♪
それで、今回は、アップスに入社してから半年経ったことを振り返ってみようかなと思っています。

アップスには身体・発達・精神障害という様々な障害の方が働きに来ています。
体験の時から思っていたのですが、実際にアップスに働くようになってからも、

私も障害者、周りも障害者という横の関係を感じるのです。

これが本当にありがたかったんです。

普通だったら、会社にはいわゆる社会に適応できる健常者と言う人がいて、障害者のわたしは、その中に自分が何とかして入っていかなくてはならないと、そんな風に考えてしまうのです。

そうするとどうしても縦社会に感じてしまうところがあるんですよね。

横の関係 縦の関係

アップスには、それがない―。

障害者だからサボるとか、出来ることしかしないとか、そんなことは決してなくて、
皆さん、まじめに取り組んでお仕事されているんですけれども、
ある程度の負荷をかけつつも、自分のペースでやらせてもらえる。
そういうふうに配慮してもらっている事を感じると、

もうちょっと頑張ってみようとか、
自分にできる事をしようとか

そういう気持ちが芽生えてくるようになりました。

芽生え

ですから、半年間通うのも波があるので完璧にとまでは行きませんでしたが、苦ではありませんでした。
むしろ、楽しく行かせてもらっていました。

勿論、何かあれば、木内さんや黒田さんに相談することで、たいていの事は気持ちが楽になりますし、そういったケアの面も充実していますので、アップスに来るのはオススメですよ。

実際に半年の間で、私もお二方のケアを受けて、ずいぶんと調子が良くなりました!

ご興味ある方は、一度、是非見学に来られたら良いかなと思います。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◎◎ 実務経験を通して一緒に『就職』『自立』を目指しませんか? ◎◎
障がいをお持ちで、『成長』したい方 必見!!

あなたの「働きたい」「成長したい」を応援します!

障害者就労継続支援A型事業所 アップス
事業所番号:2812001481
法 人 名 :株式会社ups
住    所 : 〒673-0028 兵庫県明石市硯町2-5-1明石ハウス113
         山陽電鉄「西新町駅」より徒歩3分です。

明石市に在住の方はもちろん、加古川市、神戸市(西区、垂水区、須磨区、中央区)に在住の方も通勤可能です。

TEL:078-924-0506   FAX:078-924-0507

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞