皆さんこんにちは!

昨年7月末からupsで働き始めた稲さんと申します。

今回初めてスタッフブログを書くことになりました。他のスタッフも書いているようですが、いざ自分が書くとなると何を書けば良いのか迷いますね・・。

私が初めてupsのスタッフブログを見たのは見学する前の事でした。

その時は仕事内容や、会社の雰囲気などの事前情報を少しでも知っておきたいと考えていたのを覚えています。

というのも、以前に1カ月ほど別のA型作業所に行った事があり、そこでの経験から、A型作業所は生活リズムを整えるという点に限定して評価すれば、行く価値があるかもしれないが、自分の将来の収入には全く貢献しないものだと思っていたからです。

そういったイメージをA型作業所に持たれている方が多いと思うのと、
また、色々な人にupsにきてもらって一緒に働きたいという気持ちがあるので、
この場を借りてupsが他の作業所とどう違うか、
また自分の今後を考えた時に、upsでの仕事がどういった形で役に立ちそうか、という事を中心に書いていきたいと思います。

まず、A型作業所に行ってみようと考える方は、ほとんどの方が私と同様に一般企業での就労が難しく転職回数の多い方が多数だと思います。

そして転職回数が多くなると、これから社会復帰して同じ会社で働き続けることに自信が持てない方も中にはいらっしゃると思います。

そこでupsでは、会社に頼らずに多少なりとも収入を得る方法を、実践を交えて学べる場も提供してくれています。

私自身が携わっているものとしては、

1、中国からアパレル等を輸入をしてネット上のフリマに出品し、収入を得る業務(商品に関するコピーライティングなどを含むマーケティングの基本的な考え方などです)

2、YOUTUBEに動画をアップし、広告収入を得ることです。私はこっちがメインですのでどういったものなのかを少し説明したいと思います。
最初は何をすれば良いのか全くわからなくて再生回数も伸びず、よく社長の木内さんと職員のクロさんに相談していました。お二方はとても優しい方なので再生回数が伸びていなくても責められる事は一度もなく、むしろ私の精神状態を心配して下さいました。

そういった恵まれた環境の中で、試行錯誤していたのですが、マーケティングの基本的な考え方を教えてもらい、
動画で広告収入を得るための基本的な思考が、ある程度身に付きました。その結果として昨年の十月には、私一人が担当しているチャンネルだけで10万円の広告収入が得られました。自分でも驚きました。

ちなみにその時期は1日に2時間を動画作成にあてていました(顔出しなんてもちろんしていません)

1日2時間で月に10万円は副業としてもかなり良いと思います。これは本業が安定していなくても、十分に助けになる金額だと思います。

これからupsにこられる方の誰もが同じだけ広告収入を得られるかはわかりませんが、マーケティングの基本的な考え方を何度も丁寧に教えて下さるので知識は確実についていきます。

YOUTUBE以外にもやりがいのある仕事は沢山ありますが、このように自分で考える方法自体を教え、プレッシャーを与えずに待ってくれる事がupsと他のA型作業所や一般企業と決定的に違う点です。

皆が自分で考えて仕事をしますからルールに従順に従うだけの他のA型作業所とは雰囲気も全く違います。

(ピリピリしているわけじゃなくて、とても明るく砕けた話もしやすい職場です)

自分で考えることを繰り返していると、自分の仕事を一歩振り返って俯瞰できるようになりますし、行動に根拠が供います。

動画作成で言えば、狙いが外れて再生回数が300程度までしか伸びないものを作ってしまっても、責められたことは一度もありませんし、こちらから聞けばいくらでもアドバイスをしてらえます。

このような私個人の体験からupsがどういった会社なのかを表現すれば、一言でいえば
「自分を伸ばせる会社」です
もう少し言うと、改善策やもっとを深く考えることに重きを置いてくれているように思います。

結果だけを見るのではなく、そのプロセスを重視してくれるので、工夫することに知恵を働かせようとする気持ちが自然に生まれる職場です。

こういった環境に長く身を置くことは、プラスにはなっても決してマイナスにはなりません。

そしてupsで得たYOUTUBE関連の知識も、自分の将来のいざという時の助けになることは間違いありません。

これ以外の事だと自分のためになったことだと、プレゼンを経験できたことです。upsではスタッフ全員が順番で、社会復帰後に備えてプレゼンを会社でするようになっています。

今まで10人以上の人に対して、30分もプレゼンすることなんてなかったので緊張しました。
当日の朝から「緊張する!」と皆にいいまくっていました(私にとっては割と深刻なレベルでした)

そして本番、職員のクロさんと職場の皆さんの心遣いで、私が「それでは始めたいと思います」と言ったら、職員のクロさんの号令とともに、職場の皆さんが全員が一斉に
「寝たふり」をしてくれました。

緊張してガチガチになっている私に対する、温かい心遣いです。

気持ちがすごく温かくなりました。緊張も少しほぐれ、上手くプレゼンができました!適度な緊張感を持ってプレゼンができたのは、この環境のおかげです。

こういった成功体験は自信となり、今後プレゼンする機会があった時や人前で話す際に役に立つかもしれません。

そしてパワーポイントを、見る人の立場に立って見やすいように作る工夫であったり、強調すべき文章の手の加え方などを学ぶ事が出来たのは自分にとって良かったです。

全くやったことが無いのと、1度でもやったことがあるのとでは大違いです。

このブログをご覧の方、もし何をすれば良いのかわからなかったら、とりあえずはupsに見学にでも来てください!

この環境をオススメしますよ!

キャプチャ1