こんにちは!

株式会社upsの木内健徳(キウチ ケントク)です。

11月4日、第8回目となるスタッフ主催セミナーを行いました。

今回の担当スタッフは シュガーくんです。

そして彼の選んだテーマは、

『言葉の多様性』です。

言葉というのは、文字が同じ羅列で並んでいていも、時には意味が全く異なるもの。

例えば
『さけ』といえば、「酒」と「鮭」
『はな』といえば、「花」と「鼻」などなど

彼はそんな言葉遊びに興味を日頃から持っており、

その面白さを皆さんに伝えたいと『言葉』をテーマに選びました。

画像の説明

彼のセミナーではWordとPowerpointの2つのソフトを利用し、

言葉遊びを利用した「意味がわかると怖い話」を5つ紹介してくださいました。

「意味がわかると怖い話」を予めWordで用意しておき、画面に表示させながら声を出して読み上げました。

また別途Powerpointで作った資料では、「怖い話」の解説をしました。

画像の説明

どのお話も、物語自体は特に変哲もない短編物語という感じではあったのですが、

彼の解説を聞くと、、、、、、

思い起こせば「えっ!!」と思わず叫んでしまうような、背筋がゾクっとするような内容だったのです。

まるで推理小説でも読んでいたかのよう。。。。。

物語の朗読に関しても、この日の為に練習をしたのか、強弱をつけた話し方で、とても雰囲気が出ておりました。

セミナー中は、他のスタッフに話を振ったり、代わりに「怖い話」を朗読してもらったりと、
画像の説明

聞いている人達の興味を他方面にもそそらせながら進めて、あっという間の1時間となりました。

画像の説明

セミナー最後の締めとして、

「言葉の難しさ」や「たった一言で一生ものの傷を負わせるかもしれない」など

彼自身の経験も合わせて、言葉の重要性、言葉の面白さ・繊細さを話してくれました。

「言葉」について様々な気づきをみんなに与えてくれたセミナーになったように思います。

思い起こせば、

「セミナー内容は考えているけど、PowerPointをほとんど使ったことがない」

というところから始まり、

「意味がわかると怖い話」5話分を、全てPowerPointに貼り付けて発表しようとして、

資料が数十枚になりそうになったり(結局、別途Wordで用意して、画面に映すことにしました)、

事前練習の模擬セミナーでは、5話分を一斉に読み上げた後に、1話目に戻って「1話目の気になるところはないか?」と質問され、「覚えてないしっ!笑」と突っ込んだり、

などなど・・・・笑

いろんなことがあったのですが、

それらも1度指摘しただけで、彼は見事に改善して、より良いものを創り上げてきました。

正直、当初から見れば、ほんの1~2日でこんなに形になったセミナーにまで再構成できるとは思っていなかったです。

これは新たに発見した彼の才能かもしれません。

本当に有意義な時間となりました。

参加したスタッフも同じ気持ちだと思います。

さて、スタッフセミナーも残すところあと6名となりました。

次回が楽しみです!!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◎◎ 実務経験を通して一緒に『就職』『自立』を目指しませんか? ◎◎

障がいをお持ちで、『成長』したい方 必見!!

あなたの「働きたい」「成長したい」を応援します!

障害者就労継続支援A型事業所 アップス

事業所番号:2812001481

法 人 名 :株式会社ups

住    所 : 〒673-0028 兵庫県明石市硯町2-5-1明石ハウス113

         山陽電鉄「西新町駅」より徒歩3分です。

明石市に在住の方はもちろん、加古川市、神戸市(西区、垂水区、須磨区、中央区)に在住の方も通勤可能です。

TEL:078-924-0506   FAX:078-924-0507

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞